冊子印刷に利用する上質紙以外の用紙の種類

印刷会社に冊子印刷を注文するときに必要なことは、自分の作りたい冊子に合っている用紙を選ぶということも、完成度を上げられる1つのポイントです。それにあたって、用紙の種類を知り、その特徴を理解しておかないことには、選ぶにも決めきることができません。そこで、スタンダードな上質紙以外にも豊富にある用紙の種類について、ご紹介させていただきます。まず1つ目は、コート紙というものがあります。これは、スタンダードな上質紙にコーティングを加えていることから、より平らにして印刷を綺麗に行うことができるものです。上質紙に一手間加えているため、少しばかり高値がつきますが、それだけ品質も上がります。2つ目にマットコート紙というものがあります。これは、コート紙にさらに艶消しをしているもので、より印刷が綺麗に仕上がることから、写真の印刷にオススメとされている用紙です。価格も一段階上がってしまうため、写真と文字とで使い分けるといいでしょう。文字に適している用紙でいうと、書籍用紙というものがあり、文字の裏写りが少なく読みやすいというメリットがあります。このように用紙にも様々あるため、上質紙以外のものも検討に入れてもいいと思います。

冊子印刷における上質紙の種類について

印刷会社に冊子印刷の注文をするにあたって、どんな綴じ方をするか、何冊用意するか、どんな順番構成にするかなど、印刷会社に伝えなければならないことがいくつかある中で、用紙の種類についても選ばなければなりません。1番にスタンダードなものに、上質紙という種類があります。これは、バルブ100%から作られていて、白色度が高いという特徴があります。サイズや厚さのバリエーションが豊富なことから、様々な冊子印刷に使いやすい用紙です。それに加えて、比較的安価であることも嬉しいポイントです。これと似たものに、再生上質紙という種類の用紙もあるのですが、これは言葉の意味している通り、上質紙と再生紙が混ざっているもので、その割合はJIS規格できちんと定められています。再生紙が混ざっている分、上質紙に比べると白色度が劣っていて、価格も少しばかり高めという特徴があります。もう1つ似た名前に、色上質紙というものもあります。これは再生上質紙に着色されたカラーバリエーションの豊富なもので、主に表紙に使われることが多いです。このように、上質紙という名でも3つの種類があるため、自分の作りたい冊子に合った用紙を選ぶことが大切です。

冊の印刷におすすめ! 2月からオリジナルうちわの早期キャンペーンを行います。 WEBでは謳ってないが、長期のデータ保存サービスを行っている。 名古屋にある店舗や工場に直接商品を引取に行くことが出来ます。 在データを使ったリピート注文や商品を引取りに来た会員様にはポイント5倍。 価格は全て税込み表記なので消費税を気にしなくても良い。 簡単なデータの修正なら無料でデータ修正を行うサービスを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*